金利で消費者金融を比べる意味はないってホントなの?

消費者金融の金利を比較しても意味がない理由を解説

金利で消費者金融を比べる意味はないってホントなの?

消費者金融の金利を比較しても意味がない理由を解説

昨今の日本は景気がふらつきそれに合わせて企業の成果も右肩上がりとは行かず、その影響が何かと我々サラリーマンの給料に響いてきます。

予定していた給料が入らない。

どうしても今月は少しお金が足りない。

そんな時にたまに見かけるキャッシングを利用したいなと思った人がいると思います。けれど、いざ利用しようとなるとキャッシングがどんな感じなのか分からず結構不安になりますよね。

そんな方のためにキャッシングの契約の結び方から契約してからの入金、そして返済やその後などをここで紹介したいと思います。

まずは契約。この契約に関しては必要な物があります。本人確認書類、給与明細、お仕事先の住所、連絡先です。本人確認書類は免許証や保険証、住民票でOKです。給与明細は一応過去3ヶ月分+ボーナスがあれば1年間のボーナス明細も持っていきましょう。キャッシングには限度額があり持っていくとそれを算出してくれるので便利です。そしてその給与明細に書いてある職場の住所、連絡先。これだけあれば割とスムーズに契約することが可能です。大事なのは虚偽の給与明細や住所などを使わないこと。正直に相談すれば基本的に相手は商売ですので懇切丁寧に契約出きるように相談に乗ってくれます。契約は大体無人契約機となりますが、無人とは言えそこにある電話と機械でそのキャッシング会社の人とダイレクトで話をしながら進めるので、機械だけを相手に内容が分からずイライラすると言うことはありません。

そして無事契約となりましたら、最近ではほとんどその瞬間からキャッシングを利用出来るようになります。決められた範囲内で計画的に使ってください。

返済は無人契約機の側に大体ATMもありますのでそちらから出来ます。借りた額にもよりますが月々の返済で少しずつ返す方法とその1部例えば半分ずつ返す、さらには一括返済まで返済のやり方も3つのパターンから好きなものを選んで返済していけば自分に合った計画でスムーズに返済可能です。

キャッシングの利用が長くなってきてその間もきちんと返済を続けていた人は途中で限度額を上げることも出来ます。

これは例えばキャッシング初心者だったけどこれならきちんと返していけるな、と思った時に、返済の目処がたったしそろそろ旅行にでも行こうかな?と言うときに便利です。

一連のキャッシングの流れや利用方法などご紹介しましたがご理解頂けたでしょうか?

より良いキャッシングとの付き合い方が出来ることを願っております。